読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
150
kiji
0
0
1071443
0
誰でもスグできる!みるみるコレステロールと中性脂肪を下げる200%の基本ワザ
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
“オサカナスキヤネ”+α手作りレシピ

『誰でもスグできる!みるみるコレステロールと中性脂肪を下げる200%の基本ワザ』
[監修]栗原毅 [発行]日東書院本社


読了目安時間:13分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


◎“オサカナスキヤネ”の最初はお茶 カテキンの渋み成分に注目



 “オサカナスキヤネ”レシピのトップバッターは、オ=お茶。


 緑茶を始め、ウーロン茶、ほうじ茶など、お茶にはそれぞれ血液をサラサラにする効果があります。そのうえ緑茶は、β-カロテンやビタミンB群、ビタミンCも豊富。ビタミンB群は、炭水化物の代謝をよくします。


 今、緑茶に含まれる、カテキンという渋み成分が注目されています。カテキンはポリフェノールの一種。LDLコレステロールや中性脂肪などの血中脂質を減らす働きがあるので、肥満の予防・解消に効果があります。また血圧や血糖値を調整する働きもあります。ほかにも、抗酸化作用が有害な活性酸素の発生を防いでくれたり、細菌の繁殖を抑えるパワーがあることもわかっています。


 お茶として飲むのはもちろんですが、茶葉を粉末にして料理に使うなど、この有効成分を丸ごと食べるのもおすすめです。



◎背の青い魚に含まれる不飽和脂肪酸 EPAとDHAにすぐれた作用が



 いわし、あじ、さば、さんまなど、背の青い魚には、EPA(エイコサペンタエン酸)と、DHA(ドコサヘキサエン酸)という不飽和脂肪酸がたくさん含まれています。不飽和脂肪酸は、LDLコレステロールや中性脂肪を減らし、HDLコレステロールを増やすという非常にすぐれた作用を持っています。また赤血球の膜を軟らかくし、血小板に作用して、血液の流れもよくします。


 EPAの吸収率は、煮たり焼いたりすると約80%、揚げると約5060%に低下するので、青背魚は刺身など、生で食べることをおすすめします。またEPAには、空気に触れると酸化しやすい性質があるので、鮮度のよい魚を選び、抗酸化ビタミンを含む野菜と合わせて食べるのがポイントです。


 まぐろやさばに豊富なDHAは、脳の神経の情報伝達を促すので、健忘症の予防にも効果的です。



◎食物繊維やミネラルの宝庫 低カロリーの海藻をたくさん食べる



 こんぶやわかめに含まれるぬめり成分のアルギン酸は、コレステロール値を下げたり、血糖値の急上昇を防いでくれます。またフコイダンという水溶性食物繊維は、アルギン酸とともに、腸内の余分なコレステロールや有害物質をからめとり、体外に排出してくれます。


 海藻は、カルシウムや亜鉛、マグネシウムなど、ミネラルの宝庫。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5221文字/本文:6184文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次