読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1071527
0
依存症
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
母のいる青森県三沢で親子水入らずの生活

『依存症』
[著]倖田梨紗 [発行]_双葉社


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 


 私や兄にとっても、もちろん母にとっても青森という土地は縁もゆかりもない土地です。そんな場所に家族3人で暮らすことになったのが、小学5年生に上がる春休みでした。


 親の都合で引っ越しをしたことがある読者の方には、“転校生”として新しい学校の新しい仲間たちの輪に入っていく不安をわかっていただけると思います。


 特に私は、生まれ育った土地を離れるのがはじめてだったし、ものすごくイヤだった記憶があります。当時、母の蒸発を機に暗い性格になっていましたし、友達もいない人見知りな子だったので、新しい環境に馴染めるか本当に不安でした。


 地元を去ること自体は友達がいなかったので淋しくなかったのですが、転校先で友達ができるか、とても心配だったのです。


 そんな不安を抱えたまま青森に引っ越した私が母や兄とともに暮らすことになったのが、三沢にある3LDKの平屋。家賃は5万5000円といいますから、いま思えば安いわりに広い家でした。ここが、私たち家族がはじめて母子3人で暮らす新しい家。そう思うと、複雑な気持ちになったのを覚えています。ただ、ひとつだけ嬉しかったことがありました。生活に最初は戸惑いましたし、大好きな祖父母がいないのは淋しかったけれど、約3年ぶりに母と一緒に暮らすことができるのが、本当に嬉しかったのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4198文字/本文:4751文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次