読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1071851
0
デラックスじゃない
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
一生の不覚 〜思い込みという視野狭窄〜

『デラックスじゃない』
[著]マツコ・デラックス [発行]_双葉社


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

マツコ・デラックス歴15年目の反省


 アタシ、好き勝手なこと言って、自意識を垂れ流して、お金をいただくようになって、だいたい15年くらいになるの。でも、まだまだ甘いわ。ダメね。


 その理由は、葛西紀明選手の活躍。2014年、ソチ冬季オリンピックのノルディックスキー・ジャンプ個人ラージヒルで銀メダル、団体で銅メダルを見事獲得されたわよね。オリンピック開催中、ずっと葛西さんに心の中で謝っていたの。もちろん、応援もしていたわよ。


 葛西さんは、1992年のアルベールビル・オリンピックに19歳で初出場して以来、リレハンメル、長野、ソルトレイクシティ、トリノ、バンクーバーときて、今回が史上最多となる冬季オリンピック7大会連続・7度目の出場なのよ。それよりも何よりも、アタシと同じ1972年生まれなの。ということは、41歳であんなジャンプをしているのよ。


 ジャンプ・シーズンが始まった2013年11月ごろ、葛西さんが絶好調というニュースを聞いたとき、心のどこかで「えっ!? もう辞められているんじゃないの?」と思っていたの。ジャンプの本場・欧州で「KAMIKAZE KASAI」(カミカゼ・カサイ)と呼ばれて賞賛されているなんて知らなかった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4313文字/本文:4829文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次