読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1071948
0
<伊達政宗と戦国時代>政宗弟・小次郎生存説を追え!
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
公式記録と二年間食いちがう小原縫殿之助の墓碑

『<伊達政宗と戦国時代>政宗弟・小次郎生存説を追え!』
[著]鬼塚五十一 [発行]学研


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 まず、伊達泰宗氏が主張するように、小次郎が埋葬されるまでの空白の二年間の謎から(さぐ)ってみることにした。


 現在、小次郎の墓は、宮城県登米市津山町横山の()()寺に近い雑木林に囲まれた山頂にある。


 墓の正面には「長谷寺殿覚円公大居士」と刻まれ、右に「奥州大守権中納言、政宗公弟、伊達小次郎墓」、左に「天正十八年(かのえの)(とら)(どし)、四月七日」とある。


 つまり、墓は小次郎が殺された日付と同じである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:966文字/本文:1178文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次