読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1072622
0
<戦国時代>徹底比較! 信長と謙信 共通点と違い
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
白兵戦主義と合理主義の戦略

『<戦国時代>徹底比較! 信長と謙信 共通点と違い』
[著]橋場日月 [発行]学研


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 二人の戦術面での違いとなると、代表的な例は「土木」と「物量」、「鉄炮」に表れているといえるだろう。


 謙信の合戦は、これは圧倒的に短期決戦指向の白兵戦主義である。合戦にあたり、土木作業による拠点構築をするにはするのだが、それはあくまでも宿営としての拠点であって、決戦はあくまでも純粋に白兵戦術で行われた。


 また、謙信は「我に八千の兵があらば、()()なる大敵も撃破してみせよう」と豪語したといわれる。実際、「上杉家軍役帳」を見ると謙信の軍団編成は八〇〇〇以下の人数で行われており、謙信が小部隊戦闘を得意としたことが(うかが)われる。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1250文字/本文:1521文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次