読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1072809
0
えこひいきされる人になる
2
0
63
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
人間関係は些細なことで決まる

『えこひいきされる人になる』
[著]菊原智明 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
63
| |
文字サイズ



 同僚や後輩には好かれるのに、なぜか上司や目上の人には嫌われてしまう“残念な人”というのは、どこの会社にもいるものです。

 私が会社員だったころ、直属の上司(営業所長)に、とことん嫌われているAという先輩がいました。ほかの社員への接し方と、A先輩に対する接し方は傍から見ても明らかに異なっており、所長は、A先輩にだけは必要以上に厳しく当たっていました。

 例えば、A先輩はブラインドタッチができなかったのですが、「なんだ、そんなこともできないのか! まったく、とことんダメなヤツだなあ!」と声を荒らげたりして……(ちなみに、この所長もできませんでしたが)。


 とにかく一事が万事こんな調子です。ことあるごとに私たち後輩の前で、こきおろされるA先輩は、たまったものではなかったでしょう。

 そこで、ある日、所長と一緒に地方出張に出かけた際、私は酒の勢いを借りて、A先輩のことを思い切って聞いてみました。

私「所長は、どうしてA先輩と合わないのですか?」
所長「俺は、とにかくアイツのことが嫌いなんだよ!」
私「何か理由でもあるんでしょうか?」
所長「いや、うちの息子がね、早稲田を受けて落ちたんだよ。その話をしたら、Aは、こう言ったんだ。『僕が入ったころの早稲田は簡単だったんですけどね〜』って」
私「う〜ん。でも、先輩は思ったままを言っただけじゃないでしょうか……?」
所長「それが問題なんだよ! 俺には嫌みにしか聞こえないだろう! KYっていうのか? お得意さんのところでもあんな調子だったら、かなり問題だぞ」


 私は、思わず返す言葉に窮してしまいました。O所長の普段の態度を見ている限り、あそこまで嫌うのですから、よほどの理由があると思っていました。

 しかし、理由は、たったそれだけ。《そんなことで、ここまで嫌うか?》と呆気にとられたものでした。


 あなたにも嫌いな人、合わない人というのが、ひとりやふたりはいるでしょう。しかし、そもそもの原因を辿れば、意外と些細なことに起因しているものです。


 A先輩のケースは、まさにこれに該当するケースです。先輩本人はまったくの無自覚なのですが、言葉を返すときに、少しばかり配慮を欠いてしまったばかりに、O所長の恨みを買ってしまったわけです。些細なことで……と思うかもしれませんが、些細なことだからこそ、いつまでも後を引いてしまうのです

 逆に、これが大ゲンカまでいくと、後になってから修復する可能性も少なくないから不思議です。事実、私の職場でも、普段から仲の悪いふたりが取っ組み合いの大ゲンカをやらかしたのちに、それまでの不仲が嘘のようにいい関係になったというケースがありました。周囲の誰もがきょとんとしていましたが、こうなるとむしろ大ゲンカまでいってしまったほうが、それまでのわだかまりをぶつけ合える分、お互い後に引かないのかもしれません。


 意外に思われるかもしれませんが、本当に注意が必要なのは、大ゲンカより《こんな些細なことなら大丈夫だろう》というときなのです。

・ちょっとした嫌みな一言
・笑いを取ろうとして相手をバカにする
・冗談で相手の奥さんや子供の悪口を言う


 アナタは、知らず知らずのうちに敵をつくっていませんか? 小さなこと、うっかり言った一言で敵をつくらないように心がけましょう。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
63
残り:0文字/本文:1356文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次