読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1073027
0
猫はふしぎ
2
0
5
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
毛づくろいが示す重要なサインを見逃すな

『猫はふしぎ』
[著]今泉忠明 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
5
| |
文字サイズ



 身だしなみを大切にするネコはよく毛づくろいをします。女性のお化粧と同じで、とくに顔の周辺は丁寧です。ネコの場合、俗に「顔を洗う」といい、昔から「ネコが顔を洗うと、天気は雨」などと言われていますが、この顔洗いはおもに顔にあるヒゲ(触毛)をきれいにするために行われています。

 ネコのヒゲは、人間のヒゲとは違いとても敏感にできており、生きていくうえでなくてはならないものです。ものに触ったり、空気が振動したりすると、ヒゲはそれらを察知し、状況判断に大いに活躍します。

 そのため、ヒゲをいつもきれいにしているわけですが、雨が降る前は空気中に湿気が多くなりヒゲがだら〜んとしてしまうので、しきりにヒゲの掃除をするようです。ネコが顔を洗うと雨というのも、まったくのウソではないといえるかもしれません。

 ただし、ネコは食事の後や狭いところを通ってきた後などにもヒゲの手入れをするので、顔を洗ったら必ず雨、というわけでもありません。詳しく観察していないと天気予報は難しいでしょう。





 ゆったりとくつろいでいるとき、ネコはだいたい決まった順序で毛づくろいを進めていきます。おおよそ、顔から後足へという順序になります。

 ①片方の前足の親指の爪のあたりを()めてぬらし、頭や耳、耳の後ろをこする。

 ②前足や肩を舐めてから、頭をお腹の方へグッと曲げて、腹や生殖器のあたりを舐める。

 ③体をひねって腰や後足のつけねのあたりを舐め、毛を歯で噛んで()かす。後足と足をたんねんに()める。このとき後足の爪が古くなっていれば、歯で古い爪をはがす。

 ④仕上げに腰や尾のつけねから先まで舐めてきれいにする。

 終わるとグーッと伸びをしたりして移動しますが、おおよそこういった具合です。愛猫を観察して、「今はどの手順かな?」と予想を立てるのも楽しいかもしれません。

 ところで、この顔を洗う行動を、肉球や指先の指球で洗っていると思う人が少なくありません。足跡には4つの指球跡がつきますが、実はネコの前足には指が5本あり、地面に着かない指が1本あります。立派な爪がついたその指は、人間でいうと親指にあたり、地面からやや上に位置しています。地表の汚れがつかないこの親指の爪を櫛がわりにして、顔の周辺の毛づくろいを行っているのです。

 さて、日々、足や舌を駆使して毛づくろいをしている様子はなんとも愛らしく見えますが、「きれい好き」と言われる所以(ゆえん)でもあるこの毛づくろいには、いくつか理由があります。

 第一の理由は、誰もが知っているように「自分の体を掃除する」ためです。一日のうち3〜5割は毛づくろいに時間を費やしているというデータがあるほど、ネコはきれい好きな生き物です。したがって、毛並がベタベタしていたり乱れていたりするときは、毛づくろいもできないほど体調が悪い可能性もあります。注意深く見守りましょう。

 第二は「防寒」です。毛を繰り返し舐めるとふわふわと滑らかになり、断熱効果を高めるのに役立ちます。一方で、暑いときにも毛づくろいをします。これが、第三の「体を冷やす」ためです。ネコは体から汗をかかないため、暑い夏の日にはすぐにオーバーヒートしてしまいます。たくさんの唾液をつけて毛皮を舐めて、体の毛がぬれているほどになることもありますが、唾液が蒸発することで、私たちの皮膚で汗が蒸発するのと同じ効果が表れています。

 また、突起がついた舌で舐めることはマッサージ効果があり血行の促進につながるので、母猫は頻繁に子ネコの毛づくろいをしてやります。この経験から、仲の良いネコ同士は親愛を表すコミュニケーションツールとしても毛づくろいをします。体を()でているときに飼い主の手や足を舐めるのは、飼い主のことを母猫のように思っており子ネコ時代の幸せな感覚を思い出しているから。あなたのことを心から信頼している証拠です。

 その反対に、親しくない人間に抱かれた後も毛づくろいを行いますが、これは毛を舐めることで体表についた匂いを弱めネコ自身の匂いを強くして匂いのバランスを整えているからです。

 機能的な役割に加え、なくてはならないコミュニケーションツールとしても役立っている毛づくろいですが、だからこそ、愛猫の気持ちを読み解くサインとしての役割も見出せます。

 たとえば、毛づくろいをしすぎてハゲができてしまっているとき。この場合は、精神的ないし肉体的にストレスを抱えている可能性があります。たとえば、新居に引っ越しをしたり、新しい飼いネコとそりが合わなかった場合は、不安を和らげるために毛づくろいをしすぎることがしばしばあります。また、皮膚炎やノミ・ダニなどによって体調になんらかの支障をきたしている場合もありますので、見つけたときは獣医さんへかかることをおすすめします。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
5
残り:0文字/本文:1971文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次