読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-1
kiji
0
1
1073039
0
猫はふしぎ
2
0
13
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
気まぐれの秘密は、移り変わる4つの気分

『猫はふしぎ』
[著]今泉忠明 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
13
| |
文字サイズ



 野生ネコ時代、ネコは毎日狩りをして暮らしていました。ネコの一日の食事量は400g前後なので、50gくらいの小さな野ネズミだったら最低8匹は食べないとお腹が減ってたまりません。

 ネコは、獲物を発見すると忍び寄り、チャンスと見たらとび出し、捕獲しますが、毎回必ず成功するというわけではありません。正確な狩りの成功率はわかりませんが、平原に棲むライオンやチーター、沼地で狩りをするトラの狩りの成功率はだいたい1割なので、野生時代のネコの狩りの成功率もそんなところでしょう。10回突進しても9回は失敗という厳しい世界です。

 失敗するたびにいちいち落ち込んでいたら生きていけません。失敗にめげないために、彼らは落ち込まない方法を獲得しています。それは、失敗した直後に行う毛づくろい、爪とぎ、あくびなど。いつもはくつろいでいるときにやる行動をとることで気分転換を図ります。これは転位行動と呼ばれており、落ち込みそうになった気分をサラッと忘れるのです。たとえば、いたずらをして(しか)られたときにあくびをする猫がいますが、しらばっくれているのではなく、シュンとしぼんだ気持ちをごまかすために素早く気晴らししているのです。

 遊んでいたかと思うと、急に真面目になる。怒っていたかと思うと、急に甘えてくる。撫でてあげて気持ちよさそうにしていたかと思った瞬間、鋭い牙で攻撃してくる……ネコは気分屋だとよく言われますが、祖先時代に気分の切り替えの早さで生き抜いてきたのだから、気まぐれな性格はネコ独自の進化ともいえます。

 気分がくるくると移り変わってしまうなんて(そこが素晴らしい魅力のひとつではありますが)、ネコと心を通わせるのは難しい! と思ってしまうかもしれません。ですが、ネコの心に巡っている気分はおおよそ4つで、状況に応じてそれらが入れ替わっているだけなのです。それぞれの性格を知り、気持ちを想像しながらネコと向き合ってみてください。

【1】子ネコ気分……しっぽを立てて甘えてきたり、遊びたがったりします。本来、子ネコ時代に見られる行動なので、ノラネコの場合は、成長するにつれてしなくなります。甘えられる存在のいる飼いネコは、いつまでも子ネコの気持ちをもち続けます。
【2】親ネコ気分……飼い主のもとへ捕った獲物を運ぶのは、狩りができない飼い主を自分の子どものように感じているとき。空腹を心配しているのか、狩りを教えようとしているのでしょう。子どもをもった経験がないネコでも、母性や父性をもつことはあります。
【3】飼いネコ気分……お腹を上にむけて眠ったり、無防備な姿をさらけ出しているのは、室内で飼われていて危険が少ない飼いネコならではの気分です。飼い主や飼育環境に安心して、警戒心を解いているといえます。
【4】野生ネコ気分……狩り遊びに夢中になったり、夜中に突然運動会を始めるのは、野生のネコになりきっているときの行動。排泄をする前や後に駆け回る、通称「トイレハイ」も猫の本能がさせるものです。無防備な排泄中、敵に襲われないかどうかの緊張からくる興奮状態だと考えられます。





 基本的な切り替えのパターンは、「子ネコ気分―親ネコ気分」と「飼いネコ気分―野生ネコ気分」です。「子ネコ気分―親ネコ気分」のときには、子ネコのように甘えて撫でられていたかと思うと、突然、落ち着いた親ネコのようにツンとすまして何事もなかったかのように振る舞うという瞬時の変化がみられます。
「飼いネコ気分―野生ネコ気分」では、私はお上品な飼いネコですというような優雅さを見せていたのに、窓辺に来たスズメを見つけて野生のハンターのような(たけ)(だけ)しさを見せたりします。

 ネコによっては、成猫になっても「子猫気分」を強くもっていたり、逆に「野生ネコ気分」が強く自立していたりもします。移り変わる気分の根っこの部分である、ネコ本来の性格は飼い主の日々の観察でしか見抜けません。どうか優しい目をもって、愛猫がうれしく思うこと、嫌だと思うことを感じとり、双方にとっていい関係性を模索してみてください。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
13
残り:0文字/本文:1678文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次