読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1073070
0
猫はふしぎ
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
古代人も真似した? 暗闇でギラッと光る瞳の技術

『猫はふしぎ』
[著]今泉忠明 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 人がネコに影響を与えてばかりか、というと……歴史を紐解くとそんなに一方的な干渉ではなかったかもしれません。たとえば、ネコの美しい眼などは、古代の人間たちがネコを後追いする形で、その技術へ迫っていました。

 その特徴とは、光に対する感度のとてもつもない高さです。この性能について、アメリカの獣医マイケル・W・フォックスのある実験を紹介しましょう。

 フォックスは2枚の木製の遮光板を用意し、その後ろにそれぞれエサを置き、暗闇の中でネコにエサを探させる訓練をしました。1枚は真っ暗に、もう1枚にはごくかすかな光を当て、おいしい食べ物を隠しておきます。すると、人間が同じことをするのに要する光のわずか6分の1で、ネコはちゃんとエサのある方を当てたそうです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1470文字/本文:1794文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次