読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1073082
0
孫正義秘録
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
スプリント買収後の苦闘

『孫正義秘録』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ところが、二〇一三年七月に、ソフトバンクによる買収が完了したのちも、スプリントの業績は上向かなかった。


 顧客争奪戦では、首位を行くベライゾンとATTの上位二強は圧倒的シェアを誇り、追撃しなければならないスプリントは、斬新なマーケティング戦略を駆使し、台風の目となっている業界四位のTモバイルの(こう)(じん)を拝したままで、単価の高いポストペイド契約者獲得で独り負け状態であった。契約数のシェアで、四位のTモバイルに肉薄されるほどであった。


 本来、ソフトバンクの戦略は、スプリント単独でアメリカ市場に参戦しようというものではなかった。


 業界四位のTモバイルも同時並行的に買収し、上位二社に対抗しようと模索していた。


 孫は、実現のためにロビー活動に汗をかいた。


 だが、FCC(アメリカ連邦通信委員会)や司法省などのアメリカ当局は、大手四社から大手三社への移行を渋り、状況は好転しなかった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3092文字/本文:3489文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次