読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1073118
0
孫正義秘録
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
白戸家CM──犬マーケティング戦略

『孫正義秘録』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:15分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 孫は、「ゴールドプラン」で(つまず)いたことで、闘志を剝きだしにした。二〇〇七年一月一五日までと期限付きで売り出した「ゴールドプラン」に替わる、新たな料金プランにむけて知恵を絞った。それも、CMや広告で但し書きをしなくても済むプランである。連日のごとく、車座になって経営会議を開いた。


 その発想からつくられたのが、音声通話定額プラン「ホワイトプラン」であった。基本通話料が、画期的な九八〇円。午前一時から午後二一時の間は、ソフトバンク同士の通話が無料。ソフトバンク以外の携帯電話は、三〇秒ごとに二一円となる。ゴールドプランでの反省を踏まえ、新スーパーボーナス必須などの付帯条件は一切なかった。契約継続期間による割引もなかった。


 このあたりから、ソフトバンク携帯に拍車がかかった手ごたえを、宮内は感じた。

「ホワイトプラン」は、ソフトバンク携帯電話事業を一気に浮上させた。二〇〇七年一月一六日の提供開始からわずか三週間で、契約数が一〇〇万件を突破した。


 料金プラン、サービス面をアピールしたCMの重要度が増した。しかし、制作が間に合わない。そのうえ、予算が少なかった。ブラッド・ピット、キャメロン・ディアスのCMに多くを割いたためである。


 さらに、孫は、新たな料金プランを発表した。「Wホワイト」である。「ホワイトプラン」の基本通話料九八〇円にさらに九八〇円を足して一九六〇円払うと、ソフトバンク同士での通話有料時間、ソフトバンク以外の携帯電話との通話料金を三〇秒あたり半額の一〇・五円とした。


 このプランによって、契約者数は一気に増えた。二〇〇七年三月で、「ホワイトプラン」、「Wホワイト」プランの契約者数は、延べ三〇〇万人を突破した。


 孫は、新たなプランを編み出すたびに、佐々木らに無茶な要求を突きつけてきた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:6361文字/本文:7118文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次