読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1073132
0
孫正義秘録
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
東証一部上場の意味

『孫正義秘録』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 孫はYahoo!が店頭公開したあと、ビル・ゲイツから言われた。

「Yahoo!が、こんな価値になるとはわからなかった。よく、マサは、投資したね」


 一九九七年の暮れも押し迫った一二月二五日、ソフトバンクが一年前に申請した一部上場がいよいよ決定した。孫は躍りあがる気分だった。

〈これまで、ソフトバンクの経営が不透明だとか、一部上場は絶対無理だ、と言っていたやつらの鼻をあかせる〉


 孫はもともと、一部上場にはそれほどこだわってはいなかった。しかし、一九九七年にソフトバンクに対する経営不信がいっせいに起こった。原因は、孫の個人資産管理会社MACの存在である。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1344文字/本文:1620文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次