読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1073204
0
真っすぐに生きる
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
VS 田口良一(ワタナベ)

『真っすぐに生きる』
[著]井上尚弥 [発行]扶桑社


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 2013年8月25日・スカイアリーナ座間(神奈川)


 日本ライトフライ級 タイトルマッチ10回戦


 結果:10回判定勝ち



 佐野戦の前にプロテストを行った村田さんは、前日本ミドル級チャンピオンの佐々木左之介さん(ワタナベ)を相手にしたスパーリングで大物ぶりを披露し、当然のように合格。


 これでフジテレビのボクシング番組には、僕と村田さんという2つのソフトがそろった。まだものになるかどうかわからない新鋭の僕とは対照的に、村田さんはすでにオリンピックで国民的な知名度と人気を勝ち取った人だ。実際に街を歩くと、俳優の渡辺謙さんと一緒に、携帯電話の宣伝でファイティングポーズを取った村田さんのポスターが、どデカく掲げられているところにも遭遇したほどだ。



 僕の4戦目はこの二枚看板を象徴するように、村田さんのプロ第1戦とのダブルメインイベントとなった。


 ただし、会場は別。大胆な二元中継だった。


 村田さんは東京の有明コロシアムで、現役の東洋太平洋ミドル級チャンピオン、柴田明雄さん(ワタナベ)と対戦。僕の会場は地元・座間だった。


 そして初のタイトルマッチ。無敗の世界ランカーだった知念勇樹(琉球)を破って日本チャンピオンになったばかりの田口さんが、試合後の控え室で、僕との対戦を希望したことで、対戦はほぼ何の滞りもなく実現したのである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4441文字/本文:5003文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次