読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1073603
0
図解 ピケティの「21世紀の資本」
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「r>g」は論理的必然ではなく歴史的事実

『図解 ピケティの「21世紀の資本」』
[著]永濱利廣 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

成長率が資本収益率より高い時代はめずらしかった



 第一次世界大戦以前に世界のほとんどの地域で富が極端に集中した理由のひとつは、資本収益率(r)が経済成長率(g)に比べて非常に高かったことです。1820~1913年のフランスでは経済成長率が1、資本収益率が5で、資本収益率が経済成長率をかなり上回っています。


 経済成長率が1で資本収益率が5なら、資本所得の5分の1を貯蓄すれば、先祖から受け継いだ資本は経済と同じ比率で成長します。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1187文字/本文:1404文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次