読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1073666
0
東大医学部式非常識な勉強法
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「言葉にならないこと」から生まれる「ありえない発想」を重視せよ。

『東大医学部式非常識な勉強法』
[著]岩波邦明 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 これは前項とつながる話で、「言葉だけの思考」から脱却して、いかに「言葉+概念+イメージ」を使った複合的な思考をできるかということの重要性について書きとめたものです。


 通常、人が「何かを考える」といったら、頭のなかで“言葉”を使って考えるというイメージが強いと思います。


 頭のなかでしゃべりながら思考をする、あの感じです。


 しかし、思考の道具というのは「言葉」だけではありません。


 言葉に加えて、「イメージ(絵)」や「概念」なども重要な思考の道具なのです。


 たとえば、数学の問題を解くときなどは、言葉はまったく使わずに「概念」だけで思考をしますね。

「サイン、コサイン、タンジェント」や「微分積分」といったものも言葉を使わない思考の手段です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1465文字/本文:1785文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次