読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1074215
0
小泉純一郎・進次郎秘録
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
降り積もる深雪に耐えて

『小泉純一郎・進次郎秘録』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 原発事故から四年目の平成二七年三月一一日、一般社団法人「自然エネルギー推進会議」発起人代表の元内閣総理大臣()(いずみ)(じゆん)(いち)(ろう)の姿は、福島県()()(かた)市の喜多方プラザ文化ホールにあった。「会津電力」に招かれてのことである。元内閣総理大臣の(ほそ)(かわ)(もり)(ひろ)「自然エネルギー推進会議」代表理事も同席していた。


 小泉は、「日本の歩むべき道」と題して、原発再稼動に突き進む安倍政権を噓つき呼ばわりしながら、再生可能エネルギー拡大による「原発ゼロ」の社会実現を目指そうと激しく訴えた。

「東京を出るときは晴れていたのですが、途中で吹雪になって、郡山からここ(喜多方市)へはこれない。(山形県の)(よね)(ざわ)まで行って引き返して来ました。このような雪では会を中止するのではないかと思っていたら、こんなに大勢の方に来ていただきました。『雪とは(あい)(にく)ですね』と言われたけれども、住んでいる方の日常生活は大変ですけれども、たまに雪景色を見ると、綺麗ですね。『雪が歓迎しているのですよ』と言われました。雪を見ますとね、わたしは感銘を受けた短歌、和歌を思い出すのです。


 それは昭和二一年のお正月。敗戦からまだ半年も経っていない。戦争に敗れて初めてのお正月に、歌会始めが皇居で行われた。その時、時の昭和天皇は次のような和歌を()まれたのです。



 降り積もる()(ゆき)に耐えて色変えぬ 松ぞ雄雄しき人もかくなれ



 皇居の庭には、何百本もの松が今も植えられています。その松を御覧になられて、お正月に生まれた歌だと思います。


 松は常緑樹であります。冬になっても色を変えません。青々とした緑の葉を茂らせております。『降り積もる深雪に耐えて』。深雪というのは、深い雪ですね。松は色を変えていない。松は雄雄しいな。敗れたけれども打ちひしがれることなく、松のように雄雄しく、国民も頑張ってくれている。そういう陛下の思いを込められた歌だと思います。



 降り積もる深雪に耐えて色変えぬ 松ぞ雄雄しき人もかくなれ



 人もこの敗戦に負けないで頑張ってくれよと。祖国復興のために頑張ってくれよという思いが込められた和歌だと思っております。


 この歌を思い出しまして、車中で、『会津電力』を立ち上げた()(とう)()()()(もん))さんのことを想起しました。地震、津波、原発のメルトダウンの大災害。何万人もの方が命を落とされ、未だに行方不明。しかし、あの大災害にめげずに、何とか、この大災害をチャンスに変えてやろうと思って、立ち上げたのが会津電力株式会社だと思いました。


 くじけない。この大災害のピンチを何とかチャンスに変えられないのか。もう原発は止めよう。自然界に無限にある太陽光、風、水、さまざまな植物、地熱。そのような自然のエネルギーをこれからも福島で活かしていこう、自分たちの子や孫に安全な社会を残そう、といま努力をされている」


 小泉を招いた「会津電力」は、平成二五年八月に設立された。一番大きな発電所は、約二ヘクタールの山の斜面に設置した三七四〇枚の太陽光パネルを敷き詰めた約一メガワットの「()(ぐに)発電所」である。他にも、エネルギーの地産地消を実現するため、数十キロワットという小さな発電所を福島県内の約二〇カ所に設置している。


 江戸時代から二二四年も続く酒蔵の「大和川酒造店」の佐藤彌右衛門会長は、東京電力福島第一原発の水素爆発のニュースを聞いたとき、「商売終わった!」と思ったという。大和川酒造は、全国の酒蔵で唯一、自社の酒米を減農薬と無農薬で一〇〇栽培している酒蔵である。仕込みの水も飯豊(いいで)連峰からの伏流水を使用している。このこだわりで、代表的銘柄の「弥右衛門」は全国品評会で何度も金賞を受賞してきた。ところが、原発爆発で、世間一般は、福島の水も土も汚染されたと捉え、実際、大和川酒造には原発事故後の三月には一本の注文も入らなかった。


 佐藤会長は、憤った。

「原発は安全です、と噓をつき続けてきた東電と国は、許せない」


 その年の一一月一日から同じような思いを抱いている県民を集めてのシンポジウム「ふくしま会議」を開催。これには一〇〇〇人超が参加し、今後の福島をどうしていったらいいのかの意見を出しあった。

「でも、やはり電気は必要だ」

「電気を電力会社任せにしていた自分達にも責任はある」


 佐藤会長は決めた。

「僕はそれまでは、水や食糧のことは深く考えてきたけれど、エネルギーは考えていなかったと気づいた。ならば、自分たちで責任のある電気をつくろう」


 この思いに同調した人が集まり設立されたのが会津電力である。佐藤会長は、ここでは社長として就任した。


 佐藤は、会津電力の夢を語っている。

「一〇年後には、福島全域をカバーする一九〇万キロワットもの発電を自分たちで管理することだ」


 小泉は佐藤社長について語った。

「東京にいても、佐藤さんのご活躍は新聞等、雑誌等で拝見しておりました。その佐藤さんから『視察を兼ねてどうか』という良い話だったのです。今日は生憎の雪でしたけれども、二〇〇年以上続いた『大和川酒造』を拝見しました。故郷が壊されそうになっている。これを福島の持つ力で原発を止めさせて、自然に無限にあるエネルギーを使おうという努力に感銘を受けて、今日は視察がてら激励にうかがった次第であります。


 ますます意欲を燃やして、これから福島の電力だけではない。各地に電力を送るのだ。様々なエネルギーを活用して、これから、このピンチに負けない姿を見せてやるという佐藤さんの意気込みをうかがいまして本当に感銘を受けて、今日は日頃考えている考えを述べて、何か皆様のご参考になればいいと思って、やって参りました」



この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:2399文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次