読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1074220
0
小泉純一郎・進次郎秘録
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
食料の輸入超過を「国家の損失」とは誰も言わない

『小泉純一郎・進次郎秘録』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 小泉は脱原発により、創意工夫が生まれるという。

「火力発電の輸入量。『日本の資源はごくわずか。油も天然ガスも輸入する。様々な鉱物資源も輸入する。火力発電をすると、どんどん二酸化炭素が出てきて、なおかつ貿易赤字が増える。3・11以降、原発が止まってから、輸入が増えている。貿易赤字になっている。三兆何千億円。それだけ原発が止まったために、火力発電のために様々な化石燃料が輸入されて、貿易赤字になって、国家の損失が毎年三兆円』ということを大企業の社長は言っていました。


 貿易赤字になって、輸入して三兆円が赤字になった。「国家の損失だ」と。食料はいつも輸入超過です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1341文字/本文:1621文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次