読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1074246
0
小泉純一郎・進次郎秘録
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
自民党=経世会をぶっ壊す──総理総裁就任

『小泉純一郎・進次郎秘録』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 小泉は、ほかの立候補者たちとともにテレビに出演したとき、はっきりと言い放った。

「予備選で一位になりたい」


 小泉純一郎が、そこまで、勝つことをはっきりと意識した発言をするのは、きわめてめずらしいことだった。国民と党員に、強烈なメッセージを送ったのである。


 小泉にとって有利だったのは、橋本派のドンである小渕恵三前総理が平成一二年五月一四日に、竹下登元総理が同じ年の六月一九日にこの世を去っていたことだ。そのため橋本派が弱体化していた。もし竹下、小渕の二人が元気であったなら、いくら小泉に国民的人気があっても、総裁選での勝利はあり得なかったのではあるまいか。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1413文字/本文:1691文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次