読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1074249
0
小泉純一郎・進次郎秘録
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「チーム小泉」と官邸主導

『小泉純一郎・進次郎秘録』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 小泉以前の総理は、特に官邸主導にこだわらなかった。経世会の総理や、経世会の息のかかった総理の場合、経世会の支配している自民党執行部の言うとおりにふるまえばよかった。いわゆる経世会の手の平の上で踊っていればよかった。従って、あえて官邸主導の政治を行う必要はなかった。


 が、小泉は、「経世会」と戦って総裁になった。経世会をぶっ壊す(はら)でもあった。そのために、まず党三役から経世会を外した。しかし、なお、党内では、経世会の力は強い。小泉は、官邸主導で自分の思いを達するしかない。


 さらに、霞が関の役人にも、経世会の力が強かった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1763文字/本文:2028文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次