読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1074255
0
小泉純一郎・進次郎秘録
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「チーム小泉」の情報管理

『小泉純一郎・進次郎秘録』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「チーム小泉」が、類稀なる力を発揮できたのも、小泉総理と飯島秘書官の一貫した哲学があったからだ。

「チーム小泉」の中心となり統率を取るのが、飯島秘書官、政策的な面を筆頭で補佐していたのが丹呉秘書官だった。


 チーム内で、仕事を出身省庁ごとに縦割りにしてしまえば、参事官同士の関係にひびが生じてしまい、飯島秘書官が求める迅速な対応という面が損なわれてしまいかねない。ところが、飯島の意思を知ることになる参事官たちは、自然なうちにそれぞれが情報を共有するようになり、問題が起きると飯島の思い通りの動きができるようになっていった。もちろん、参事官同士だけではなく、その動きは秘書官にも伝わり、秘書官同士でも情報を密にしていた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1192文字/本文:1500文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次