読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1074259
0
小泉純一郎・進次郎秘録
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
再訪朝批判

『小泉純一郎・進次郎秘録』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 平成一六年五月四日、政府は、小泉総理が五月二二日に北朝鮮を日帰り訪問し、金正日総書記と首脳会談を行うと発表した。


 小泉内閣の支持率は、閣僚の年金未納問題もあり、低下していた。四〇前後にまで落ちていた。拉致議連会長の平沼赳夫は、「このままでは、七月の参院選は戦えない。そこで『再訪朝すれば拉致被害者の家族八人全員を帰す』という提案を受け入れ、支持率回復のためにも再訪朝したのではないだろうか」と思っている。


 五月二二日午前一一時、平壌郊外の大同江迎賓館で、小泉総理と金正日総書記の日朝首脳会談が始まった。


 そのころ、平沼は、「家族会」「救う会」「拉致議連」が待機する赤坂プリンスホテルの一室にいた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2428文字/本文:2728文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次