読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1074260
0
小泉純一郎・進次郎秘録
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
孤独に耐える月──池田大作と公明党

『小泉純一郎・進次郎秘録』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 公明党幹事長の冬柴鐵三にとって、小泉純一郎は、自民党の中でも異質な存在として映った。いわゆる、自自公連立政権には反対し、選挙の際にも、公明党の推薦を拒んでいた。


 冬柴は、小泉を連立与党の総理として担ぐのに、さすがに胸中は複雑であった。しかし、冬柴は、自分で自分に言い聞かせた。

〈山崎拓さんを通じて、小泉という人を理解していこう〉


 冬柴は、山崎とは、山崎が橋本内閣時代に政調会長をしていたころからの付き合いで、酒を酌み交わすばかりか、一一回もいっしょに海外に出かけた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:932文字/本文:1166文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次