読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
100
kiji
0
0
1074531
0
誰でもスグできる!肝機能をみるみる高める200%の基本ワザ
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第1章 生命維持に欠かせない肝臓の働き

『誰でもスグできる!肝機能をみるみる高める200%の基本ワザ』
[監修]栗原毅 [発行]日東書院本社


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


心臓にも脳にも劣らない重要な臓器 肝臓は「体内の化学工場」



 肝臓は、人間の内臓の中でいちばん大きな臓器です。その質量は1.21.5キログラムもあり、じつは脳よりも大きくて重いのです。肝臓が心臓よりも大きい臓器だと知っていた方も多いと思いますが、脳よりも大きくて重いとは知らなかったのではないでしょうか。脳に勝るとも劣らない、肝臓はそれだけ重要な臓器なのです。


 肝臓の中には3000億以上もの肝細胞があり、それらは約50万個ずつ集まって《(かん)(しょう)(よう)》という組織を形成しています。この肝小葉の集合体が肝臓であり、構成する肝小葉の数は10万以上にもなります。そしてこの肝臓では、2000種類以上ものさまざまな酵素によって栄養素の代謝・蓄積や有害な毒素の解毒などを行われており、私たちの健康を支えています。

「肝臓は体内にある化学工場」などといわれるのは、こうした大切な働きをしているからなのです。



肝臓の代表的な働き 代謝・解毒・胆汁の生成


「体内にある化学工場」ともいわれる肝臓には、私たちの生命活動に不可欠な《代謝》《解毒》《胆汁の生成》という重要な3つの働きがあります。


 代謝は、私たちが食べて胃や腸で吸収された栄養素を分解し、体の各部位が使いやすいように、さまざまな物質に再合成することです。


 解毒は、体内に入ってきたアルコールや体内で発生するアンモニアなどの有害物質を分解・無害化して、体外への排出を促します。


 胆汁の生成は、言葉のとおり胆汁という消化液を生成し、十二指腸へ送り出すことです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3600文字/本文:4257文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次