読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
150
kiji
0
0
1074534
0
誰でもスグできる!肝機能をみるみる高める200%の基本ワザ
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第4章 肝機能を向上させる食材とレシピ

『誰でもスグできる!肝機能をみるみる高める200%の基本ワザ』
[監修]栗原毅 [発行]日東書院本社


読了目安時間:14分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


抗酸化食品を上手に摂って肝機能をアップさせよう



 これまで紹介してきたことからおわかりいただけるように、入院治療が必要なほどの重度でなければ、肝臓病の治療では食事療法が大きなウエイトを占めています。とはいえ、「肝細胞の再生にたんぱく質とビタミンが不可欠だ」「便秘は肝臓病の大敵だから食物繊維をたっぷり摂らなきゃ」などと頭ではわかっていても、どのようなメニューにすればよいのかは、なかなかイメージしにくいものです。


 そこでポイントとなるのが、抗酸化物質(スカベンジャー)です。


 抗酸化物質は、肝細胞を攻撃する活性酸素の活動を抑制する働きを持っています。抗酸化物質は体内でもつくられますが、肝臓病の進行を抑制・治療効果を上げるためにも、食品から積極的に摂取する必要があります。そんな抗酸化物質に加えて、ビタミンやミネラルなどの必要な栄養素も含んでいる食品、それが抗酸化食品です。


 肝臓病患者にとって抗酸化食品は、ひじょうにうれしい食品だといえます。



抗酸化食品レシピ1 緑黄色野菜1 緑黄色野菜のちぢみ



 緑黄色野菜は、厚生労働省の定義では100グラム中に600マイクログラム以上のベータカロテンを含んでいるものとされています。赤や緑などの色の濃い野菜が多いですが、決して色によって分類されたものではありません。


 抗酸化物質のベータカロテンは脂溶性で、油と一緒に摂取すると吸収率がアップします。体内に入ったベータカロテンは、必要量がビタミンAに変わり、残った分が活性酸素の発生を抑制。活性酸素による肝細胞の炎症の悪化を防止してくれます。緑黄色野菜にはベータカロテン以外にも、ビタミンやミネラル、食物繊維ももちろん含まれているので、肝臓病の食事療法には欠かせません。

●代表的な緑黄色野菜


 かぼちゃ、にんじん、ほうれん草、にら、春菊、小松菜、パセリ、春菊、ブロッコリー、モロヘイヤ、あしたば、大根菜など。



抗酸化食品レシピ2 緑黄色野菜2 かぼちゃのポタージュ



 数ある緑黄色野菜の中でも、「緑黄色野菜の王様」と呼ばれているのがかぼちゃです。かぼちゃにはベータカロテンだけでなく、ビタミンCやビタミンEも豊富。ベータカロテンについては先ほど紹介しましたが、じつはビタミンCとEにも抗酸化作用があり、特にビタミンEは、肝臓病の治療薬としても用いられているほどです。うなぎやアーモンドに多く含まれることで知られるビタミンEは、野菜の中ではかぼちゃがトップクラス。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5615文字/本文:6635文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次