読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
100
kiji
0
0
1074536
0
誰でもスグできる!肝機能をみるみる高める200%の基本ワザ
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第6章 肝臓病にやさしい生活習慣のすすめ

『誰でもスグできる!肝機能をみるみる高める200%の基本ワザ』
[監修]栗原毅 [発行]日東書院本社


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


食事療法と併せて悪化させる要因を取り除く


「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓には自己修復・再生機能があるため、よほどのダメージを受けない限り、病気の自覚症状は現れません。症状が現れないからといって治療をないがしろにしていれば、病気は静かに進行していきます。そして、はっきりとした自覚症状が現れる頃には即時入院治療が必要、というならまだしも、生命の危機に直面している可能性も否めません。そんな事態にならないためにも、健康診断での検査結果には注意を払ってください。そして肝臓病と診断されたなら、速やかな治療を始めることが大切です。


 早期や慢性の肝臓病の治療では、これまで紹介してきたように食事療法による食生活の改善が基本ですが、日常の生活習慣の改善も大切です。これまで何気なく行っていた日常生活の中には、じつは肝臓に負担をかけ、病気を悪化させてしまう要因も少なくありません。治療をより効果的にするためにも、これまでの生活習慣を見直して、病気を悪化させる要因を取り除くようにしましょう。



肝臓に負担をかけない習慣は朝食を食べることから



 朝から順に、1日の生活を振り返っていくことにしましょう。


 まず朝食です。朝食を抜くと、前日の夕食から昼食まで1315時間、まったく栄養補給ができていないことになります。すると体は、蓄えているグリコーゲンを肝臓でエネルギーへと変換し、午前中の活動源にします。そして昼食では、素早くエネルギーとして利用できる糖質の補給を要求。そのためメニューは、ラーメンや丼といった糖質(炭水化物)のものがメインとなり、その量も増えてしまいがちです。


 そして、1日のエネルギーの不足分を補おうと夕食の量も増える傾向があり、その内容はエネルギー源であるたんぱく質・脂質・糖質の3大栄養素がメインに。結果的にビタミンとミネラルの不足は解消されないまま就寝、ということも少なくありません。


 また夕食は、できれば就寝の3時間前に摂るのが理想的です。3時間というのは、食べた物が消化されて胃から腸へと送られる時間。胃に食べた物が残っていると胃もたれ感があり、深い睡眠がとりにくいのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4698文字/本文:5587文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次