読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1074848
0
告白 秒速で転落した真実
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
担任から言われた「親もいないくせに、大宮に帰っちまえ」

『告白 秒速で転落した真実』
[著]与沢翼 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 祖父母は私のことをとてもかわいがってくれていたものの、狭い田舎町でのことゆえ、父母と暮らしていない私は、周囲から異様な目で見られることも多かった。「なんでお前の家には母ちゃんがいないんだ」とからかわれたり、運動会などのイベントでも「父母がいないかわいそうな子」として、同情の眼差しを送られることも多々あった。

「自分が選んでこの土地に来て、好きで祖父母と一緒にいるんだ」という意識はあったものの、周囲の人からすれば「父母に置いていかれた子」と思われていても不思議ではない。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1076文字/本文:1313文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次