読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1075046
0
嘘だらけの日韓近現代史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第三節 朝鮮の歴史は常にファンタジー

『嘘だらけの日韓近現代史』
[著]倉山満 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 さて、本書の主題である朝鮮です。歴代国王のなかで、愛国心と自己犠牲の精神があり、大国を向こうに回して祖国の利益を守り抜いた国王は一人も発見できませんでした。李氏朝鮮から学べるのは、宮廷の派閥抗争の激烈さと、常に周辺の大国に翻弄される朝鮮半島の悲劇だけです。


 十九世紀半ば、欧米帝国主義の波は東アジアにも押し寄せます。ヨーロッパ人は自分たちの対立を外の世界にまき散らしながら、地球上のあらゆる地域を侵略して回ります。これに危機感を抱き、行動に移したのは我が日本です。


 江戸時代初期には日本を侵略できる国など存在しませんでした。ヨーロッパの白人がやってきても、江戸幕府は「武装中立」を貫きます。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1476文字/本文:1772文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次