読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1075055
0
嘘だらけの日韓近現代史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第四節 「閔妃暗殺」の黒幕は誰か?

『嘘だらけの日韓近現代史』
[著]倉山満 [発行]扶桑社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 日本は日清戦争に勝利し、朝鮮半島から清国を追い払います。明治初年以来の悲願を達成しました。


 しかし、下関講和条約を結んだ直後の明治二十八年(一八九五年)四月、露仏独が「賠償金はいいが、領土を獲りすぎるな」と勧告してきました。世に言う三国干渉です。


 当時の力関係では、三大国のどの一国と戦っても日本に勝ち目はありません。日本は黄海の要衝、遼東半島を清国に返還し、賠償金の上乗せに切り替えました。


 その後、眠れる獅子と恐れられた清は「ただのブタ」と侮られ、列強の食い物にされ、十七年後には滅亡してしまいます。


 一方、下関条約には朝鮮の独立と清の宗主権を否定する内容が含まれていました。「朝鮮の独立」は日本の単純な善意ではありません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2608文字/本文:2923文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次