読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1075056
0
嘘だらけの日韓近現代史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第五節 「日露戦争」はロシアに媚びた朝鮮が招いた

『嘘だらけの日韓近現代史』
[著]倉山満 [発行]扶桑社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 日露戦争は、朝鮮半島と南満洲を舞台に戦い、超大国のロシアに勝った、日本人の栄光の物語です。「場」にされた韓国の教科書は、どう記述しているでしょうか。


韓国人の主張


 ロシアに勝つような日本に対し、我が朝鮮民族は義兵闘争を行ったが、併合された。



 韓国人にとってはさぞかし面白くないのでしょう。読者の皆様にもなじみのある時代になってきましたので、韓国人の主張はとりあえず横に置いておきます。というのも、“義兵闘争”など無視しても日露戦争の歴史は描けてしまいますのであしからず。


 日露戦争を勝利に導いたポーツマス会議の全権を務めた小村寿太郎といえば、日本史を代表する最高の外交家です。『小村外交史』といえば、外務省黄金時代の代名詞であり、同名の著書は外交官志望者必読の書でした(今もそうであってもらわねば困るのですが、事情は知りません)。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2539文字/本文:2904文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次