読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1075068
0
嘘だらけの日韓近現代史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第五節 反日を叫ぶほど金日成賛美になるジレンマ

『嘘だらけの日韓近現代史』
[著]倉山満 [発行]扶桑社


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


「反日」は韓国の国是のようになっています。昭和十九年には、日本の戦勝映画が流れると映画館中の韓国人が大喜びするほど親日(というより日本への同化)だった為、反日を出発点に国づくりをするしかなかったのです。


 アラブ基準だと、一度ひどいことをされた相手、戦争で負けた相手のことは百年恨むのが普通なのだそうです。韓国人の立場になれば、日本とは戦わずに脅されただけで負けたのですから、何百年恨めばよいのでしょうか。しかも、情けをかけられたのです。大統領が「千年忘れない」と言う国ですが、もう放っておきましょう。


 だから、韓国が反日なのは仕方がないのです。そういう人たちだと思って付き合うしかありません。間違っても、「隣国だから仲良くしよう。好きになる努力をしよう」などと血迷った考え方を持たないことです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2753文字/本文:3100文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次