読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1075076
0
嘘だらけの日韓近現代史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第二節 北朝鮮に核武装を許した金泳三

『嘘だらけの日韓近現代史』
[著]倉山満 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 その盧泰愚が優秀な大統領だったかというと、かなり疑問ではあります。その後の文民政権と比べるとかなりまともですが、国連加盟を北朝鮮と同時に行うのもこの時代です。何のために、そんな融和政策をとったのでしょうか。


 現代史になると、韓国の教科書もかなり駆け足になります(日本の歴史教科書と同じです。ご丁寧にそんな欠点まで真似しています)。約十行くらいの記述から盧泰愚の評価をまとめます。


韓国人の主張


 盧泰愚は選挙に勝ったが、軍人出身なので限界があった。



 限界があったのは、民主化運動を弾圧した旧全斗煥政権の悪弊を暴ききれなかったということを指すのですが、政権の評価全体のトーンとしてもこんな感じです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1922文字/本文:2219文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次