読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1075077
0
嘘だらけの日韓近現代史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第三節 拉致問題を無視した金大中

『嘘だらけの日韓近現代史』
[著]倉山満 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 一九九七年、金大中は一九七〇年大統領選の落選以来、苦節二十七年でようやく最高権力者の座に上りつめます。落選だけでなく、投獄、拉致、暗殺未遂、そして引退と何度も政治生命(どころか本物の命)を絶たれる危機を乗り越えての政権奪取です。いやはや、何ともすさまじい韓国政治家の逞しい姿です。しかし、苦労したから政治家として優れている訳ではありませんから、客観的に評価しなければなりません。


 しかし、コリアン・ドリームそのものの金大中に検定教科書は満腔の称賛です。


韓国人の主張


 金大中はアジア通貨危機を乗り切り、南北融和を進め、こうした成果が国際社会で認められてノーベル平和賞を受賞した。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2109文字/本文:2398文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次