読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1075079
0
嘘だらけの日韓近現代史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第五節 泥舟中国にすり寄る朴槿恵と日本の運命

『嘘だらけの日韓近現代史』
[著]倉山満 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 国父・朴正煕の娘、槿恵の大統領就任を望む声は、日本人の間にも長らくありました。しかし、そんな父親への幻想は瞬く間に消滅します。


 二〇一二年の大統領選挙で、自他ともに認める「親中反日」の朴槿恵が当選しました。しかし、彼女の対抗馬だった金文洙や文在寅は「親北反日」でした。どちらが幸福な選択だったのでしょうか。改めて見ると、韓国人にとっては「親中」と「親北」しか選択の幅がないのは実に不幸なことだと思います。


 日本人にとっては、「親北」でないことは、ある種の扱いやすい相手ではあります。朴槿恵は「分配重視、雇用創出、国の実情に合った福祉」を公約に掲げながら、中国にすり寄ります。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1677文字/本文:1965文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次