読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1076100
0
泣いて、病んで、でも笑って
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
父のスパルタ英才教育

『泣いて、病んで、でも笑って』
[著]今井メロ [発行]_双葉社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 私の父親は、(がん)()(いつ)(てつ)、強烈なキャラクターの持ち主だ。


 自分が言うことは正しい。こうだと思ったら、別の意見には耳を一切傾けない。誰がどう見ても白い色のものでも、自分が黒だと思えば、「黒!」と最後まで貫き通す。しかも、最終的には、周囲の者にも、「これはもしかして白じゃなくて黒かも」と思い込ませてしまう……。

「ほら、黒に見えてくるやろ。黒だと思って見てみ」


 といったふうで、すべてが激しいのだ。


 大人になった今でこそ、こんな父の性格を冷静に分析できる。でも、昔は、口答えをいっさい許してくれない父が、ただただ怖くて、黙って従うしかなかった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1559文字/本文:1843文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次