読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1076135
0
泣いて、病んで、でも笑って
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
中絶と不妊治療

『泣いて、病んで、でも笑って』
[著]今井メロ [発行]_双葉社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 実は私には、一度、中絶した過去がある。


 最初に妊娠したのは二〇歳前後のことだった。その相手とは結婚するつもりだったし、その頃、すでに子供が欲しいと思っていたから、もちろん、私は産むつもりだった。ところが、彼から、「まだ子供を育てる自信がないし、できれば今回は諦めてほしい」と言われた。

「でも、産みたい」

「いや、ちょっと待って」


 そんなことを繰り返しているうちに、お腹だけはどんどん大きくなってしまう。結局、私が折れて、泣く泣くお腹の子を堕ろすことになってしまった……。ただただ悲しい記憶だ。さらに、中絶がギリギリのタイミングだったため子宮に影響が残り、医師からは「今後、子供ができにくいかもしれない」と言われ、大きなショックを受けた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1187文字/本文:1505文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次