読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1076951
0
最後のイタコ
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●私を導いた師匠・林ませのこと

『最後のイタコ』
[著]松田広子 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 私の師匠・林ませは、南部イタコの五世代目。南部イタコは、その系譜が江戸時代まですべてさかのぼれることから、近年、正式には「南部伝承イタコ」と呼ばれています。

 ほかの地域のイタコと違うのは、すべてのイタコの師匠を代々たどっていけるということです。南部地方で活動するイタコの師匠をさかのぼっていくと、最終的には「高舘(たかだて)イタコ」というひとりのイタコに行き着きます。

 高舘イタコは、250年ほどの伝統を持つ「南部巫史」の技を、目の不自由な女性の生業として、南部地方でイタコという職種を確立しました。

 その後、イタコの伝統は、代々師匠から弟子へと受け継がれてきました。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1616文字/本文:1901文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次