読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1076955
0
最後のイタコ
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●無我夢中だった「師匠上がり」

『最後のイタコ』
[著]松田広子 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 イタコになるための総仕上げの修行を「師匠上がり」と言います。「弟子上がり」「身上がり」ともいわれ、一人前のイタコになるための卒業試験です。

 私の師匠上がりは、19歳。

 本格的な修行に入って1年がたったときでした。 

 師匠上がりの期間は地方や師匠によってさまざまですが、私の場合は3日かかりました。

 その間、水垢離(みずごり)を含めた厳しい(ぎょう)をおこない、それまで教えてもらわなかった経文を一日にひとつずつ教わります。

 師匠上がりの3日間は、私の人生の中でも特別な3日間でした。

 白装束を着て、たった一畳の畳の上で、水垢離を除くすべての修行を行いました。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1686文字/本文:1967文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次