読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1076964
0
最後のイタコ
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●オシラ様遊ばせは、代々伝えられた聖なる時間

『最後のイタコ』
[著]松田広子 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 オシラ様を祀る家の多くは、親族や一族の中心となる家庭、当主が長男である家庭でした。今ではあまり言われなくなりましたが、一昔前まではそういった家のことを「本家」と呼んでいました。

 年3回のオシラ様遊ばせの日には、本家に家族や親族からの女性が集まります。

 この日は、普段はしまわれているオシラ様を箱から出して祭壇に祀り、お供えをします。米を中心にして五穀(麦、ヒエ、アワ、豆、キビ)を周りに置き「六曜盛り」にした皿、五菜(大根、ニンジン、ゴボウ、白菜、カブ)、水、御神酒、盛り塩、魚、昆布、果物などです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1132文字/本文:1383文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次