読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1076970
0
最後のイタコ
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●恐山という癒やしの場所

『最後のイタコ』
[著]松田広子 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 恐山が特に賑わうのは、イタコが口寄せを行う夏の「恐山大祭」(7月2024日)と秋の「恐山秋詣り」(体育の日を最終日とした10月の3日間)です。参拝客は、合わせて2万人とも言われています。

 この期間は、恐山の「お祭り」。門前に屋台が立ち並ぶ様子は、普通のお祭りと変わりません。暗い雰囲気やおどろおどろしい感じはなく、特に夏の大祭の山主上山式の行列は、毎年盛大に行われます。

 ただし、そこに集まる方たちの様子は、少し様子が違います。多くの方が、仏様に捧げるお花や風車、衣類やお菓子などのお供え物を、それぞれ大事そうに抱えているのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1289文字/本文:1556文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次