読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1078156
0
<直江兼続と石田三成>関ヶ原合戦 共闘の実態にせまる
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
二人の出会い

『<直江兼続と石田三成>関ヶ原合戦 共闘の実態にせまる』
[著]桐野作人 [発行]学研


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 関ヶ原合戦で直江(かね)(つぐ)と石田(みつ)(なり)の間に東西相呼応して挙兵し、家康を討とうとしたという説が江戸時代からあった。この東西挟撃説に対しては、渡辺()(すけ)・今井林太郎などの諸氏は典拠となっている兼続宛て三成書状が()(もん)(じよ)であるという理由をあげて否定してきた。しかし、偽文書説については反論もあり、なお再検討の必要がある。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:989文字/本文:1176文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次