読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1078455
0
専門医が教えてくれる! 無理なく血圧を130以下に下げられる! 200%の裏ワザ実践編
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●はじめに

『専門医が教えてくれる! 無理なく血圧を130以下に下げられる! 200%の裏ワザ実践編』
[著]渡辺尚彦 [発行]日東書院本社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 私は血圧測定の世界記録保持者です。血圧の謎を探ろうと、自動血圧計を24時間、365日装着し続け、今年で27年目に入りました。その経験からいえることは、血圧はとても変動しやすいということです。日常のちょっとしたことで、血圧は上がったり下がったりします。さらに日常のどんなときに血圧が上がり、どんなときに血圧が下がるかということもわかってきました。その結果いえることは、血圧を下げるように心がけ、生活習慣を見直せば、血圧を下げることは可能だということでした。


 かつて私のところに、上の血圧が220㎜Hgを超していた人が来院してきました。最初は薬で血圧を下げていましたが、減塩を中心とした生活習慣の見直しを私と一緒に1年半取り組んだ結果、ついに上の血圧を90Hg近くまで下げることに成功したのです。余談ですが、そのときのこの人の1日の塩分摂取量は、なんと0・36gでした。


 本編に入る前に結論をいってしまいますが、減塩、運動、肥満防止で血圧は下がります。そこで本書では、第1章を減塩、運動、肥満防止に特化しました。これだけのことができれば、血圧は必ず下がります。もちろん本書全体を読んでいただいて、血圧に関する知識を深めてほしいとは思いますが、極端なことをいえば第1章だけ実行していただければいいのです。


 生活習慣を見直すにあたって、もっとも大事なことは継続です。続けてやらなければ効果はあがりません。継続こそが力なのです。努力なくして成功なしといいますが、継続の努力をすれば、きっとうまくいきます。みなさんの力を信じ、生活習慣の改善に成功されることを期待しています。

2014年4月 渡辺尚彦

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:695文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次