読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1078598
0
嫁にしたら[必ず損する女]の共通点
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
家事 味オンチ嫁の激甘料理で食事は常に罰ゲーム

『嫁にしたら[必ず損する女]の共通点』
[編]SPA!編集部 [発行]扶桑社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

野上敏生さん(仮名)・33歳・会社員


 もし嫁の手料理がマズかったら……。想像するだけでも憂鬱になるが、野上さんは結婚して約3年間、嫁の激マズ料理に耐え続けているという。
「見た目は普通でも問題は味付け。とにかく甘い! 特に煮込み料理は危険でカレーは幼児用の倍以上甘く、もはやスイーツの領域。一時は味覚障害を疑いましたが嫁の実家も同じ味付けでした……」

 嫁の料理へのダメ出しは義母批判に繋がるため、我慢をしている。でも相手の料理の腕くらい結婚前に確認できたのでは?
「交際中は『自炊している』という話を聞き、てっきり料理ができると前向きに解釈。しかも嫁は看護師で夜勤が多く、一緒のときは外食や弁当で済ましていました」

 不幸中の幸いは彼女が仕事を続けていて、夕食を作るのは週3〜4日しかないこと。メシマズから解放される日は、チェーン店に駆け込む。嫁の料理よりマシだ。
「ただ、その一方で嫁の料理に慣れてしまった自分もいます。煮込み系は激マズですが揚げ物や炒め物はまだマシなので、僕から『コレが食べたい』と言ってリスクヘッジをしています」

 だが、最近引っ越したことで新たな問題が勃発。友人や同僚が遊びにくるようになり、嫁はそのたびに手料理を振る舞おうとする。
「嫁をバカにされるのは夫として許せないので、理由をつけて阻止しますが、これが大変。けど、こんな苦労するなら料理嫌いであってくれたほうがマシだったかも」

 結婚前に手料理は食べるべし!
激マズ料理が災いして家事は最低評価だが、夫によれば「料理以外は合格点」とのこと。また、夜勤が多いことで夜の営みは「月2〜3しかない」とSEXの評価もイマイチ

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:691文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次