読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
50
kiji
0
0
1079539
0
「おひとり様」で生きていく−週刊東洋経済eビジネス新書No.58
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
超単身社会が到来する

『「おひとり様」で生きていく−週刊東洋経済eビジネス新書No.58』
[著]週刊東洋経済編集部 [発行]東洋経済新報社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

男女ともに未婚化が進み、2030年には30代以上の単身世帯数は約1600万になると予想される。特に中高年男性の4人に1人は一人暮らしとなり、男性の単身化が加速する。来る超単身社会をいかに生き抜くべきか。


 「勤めていた会社を辞めようとしたときは両親に猛烈に反対された。だけど今はもう好きにしていいよ、と」。独身の木村健次さん(37・仮名)は米国の大学を卒業、大手電機メーカーに約4年間勤めた後、26歳で退職した。その後介護士になったが、肌に合わず再び転職。今は通訳を目指し週1回学校に通いながら派遣社員として働いている。


 年収は約240万円と正社員だった頃の半分程度になったが「今は勉強期間だと思っている」と不満はない。欧州に赴任中の兄の家に住んでいるため家賃負担がないうえ、基本的に食事は自炊だ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1842文字/本文:2190文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次