読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1079757
0
<本能寺の変>ひっくり返った下剋上
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
下剋上肯定の論理

『<本能寺の変>ひっくり返った下剋上』
[著]小和田哲男 [発行]学研


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 このように、貴族・荘園領主たちは、自分たちの権利や地位をおびやかす行為として、下剋上を非難し、否定しようとした。それに対し、平安時代後期から次第に(たい)(とう)してきた武士階級はどうだったのだろうか。


 鎌倉時代・南北朝時代・室町時代においては、武士側の下剋上観を示すこれといった史料はない。しかし、戦国時代になるといくつか散見される。ここでは二つほど紹介しておきたい。


 一つは、下剋上の典型例としてよく引きあいにだされる(すえ)(はる)(かた)の下剋上に関してである。陶晴賢は、本来、(たか)(ふさ)という名乗りだった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1441文字/本文:1710文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次