読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1079974
0
<大坂の陣>「城内における真田幸村」「真田幸村の遺児」
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
真田丸構築のねらい

『<大坂の陣>「城内における真田幸村」「真田幸村の遺児」』
[著]小和田哲男 [発行]学研


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 秀頼も、関ヶ原の戦いのときの昌幸・幸村父子による上田城籠城戦の模様は聞かされていたようで、実戦経験抜群の幸村に期待を寄せていたものと思われる。


 ところが、軍師として迎えられたはずの幸村は、残念ながら彼にふさわしいポストは与えられなかった。それは、当時、大坂城中で実権を握っていたのが(おお)()(はる)(なが)で、幸村は治長と意見対立をしていたからである。


 幸村の出撃論に対し、治長は籠城論を唱え、「大坂城は難攻不落の名城」との思いも手伝って、籠城論が圧倒的に優勢で、籠城と決まった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1156文字/本文:1404文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次