読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1080232
0
キャンプに連れて行く親は、子供を伸ばす!
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
■キャンプ道具は「一生モノ」

『キャンプに連れて行く親は、子供を伸ばす!』
[著]坂田和人 [発行]扶桑社


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 キャンプ場が決まったら、今度は道具、装備を選びましょう。ポイントは、「良いモノ、使いやすいモノ、できるだけ長く使えるモノを選ぶこと」。そして、用途と季節を良く考えることです。

 夏のキャンプへ行くのに、冬の装備は必要ありません。また、家族で出掛けるのに、大人数用の装備は必要ない──といったぐあいです。キャンプは、「必要なものを最低限持って行く」のが原則です。

 もちろん、「必要なものを最低限」と言っても、キャンプの種類によって違いがあります。

ロッジ、バンガロー泊の場合

◎野外料理のために必要なもの

 コッヘル(調理用の大小鍋、フライパンなどがセットになったもの)、食器(皿、お椀、携帯はし、スプーン、フォークなど)、着火用のライター、マッチ、新聞紙、水を入れるポリタンク、網、菜ばし、トング(火ばさみ)など。薪で火を起こさない時は、コンロ類の用意もします。

◎ハイキングをする際に必要なもの

 ザック、雨具、水筒、地図、コンパス、防寒具、帽子、(ハイキング用の)靴やウェア、行動食、登山用ストックなど。

◎ナイフ類

 キャンプ用ナイフ。また農協などで手に入る「山刀(やまがたな)」は、耐久性に優れ、切れ味が良く、薪割り、調理、紙を切る時などに重宝します。良く研いで錆びないように手入れをすれば孫の代まで使用することができます。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4862文字/本文:5421文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次