読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1080585
0
強い日本を取り戻す!〜悪しき戦後政治からの決別〜
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◇保守主義の思想は、受動的である

『強い日本を取り戻す!〜悪しき戦後政治からの決別〜』
[著]辻貴之 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 1789年フランスに王政を倒そうとする革命が起こり、その影響が英仏海峡を越えてイギリスにまで及んできそうな雰囲気となりました。そうした状況のなか、立ち上がったのがE・バークでした。革命という熱狂のなか、人間の英知は消滅してしまうとの危機感が、バークを保守の思想の完成へと導いていったのです。

 バークをみても分かるように、保守主義の思想は、非常に受動的です。自ら積極的に思想体系を打ち出すのではなく、新しい思想が登場した際、「そうした考えは人間を愚かにしてしまう」と異議を唱えるのが保守主義です。福田恆存は「私の保守主義観」と題する論文において、次のように語っています。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2134文字/本文:2419文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次