読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1080625
0
「反日思想」歴史の真実
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◆朝鮮開国への胎動

『「反日思想」歴史の真実』
[著]拳骨拓史 [発行]扶桑社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 一八七六年に江華条約が締結されたが、日本は通信使として訪日した金弘集(きんこうしゆう)(一八四二〜一八九六)らに対し、欧米各国と修好を結ぶことの重要性を説いた。

 金弘集は初代駐日公使となった何如璋(かじよしよう)の書記官として来日していた黄遵憲(こうじゆんけん)(一八四二〜一九〇五)と出会い、彼から自著の『朝鮮策略』を手渡されている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:687文字/本文:856文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次