読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1080646
0
「反日思想」歴史の真実
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◆テロリストを讃える韓国と上海事変

『「反日思想」歴史の真実』
[著]拳骨拓史 [発行]扶桑社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 一九二九年、カーネギー財団から派遣されたアメリカ人記者一二名が訪韓した際の報告書によれば、
「日本は併合以来一九年間にして、数百年間停頓状態にあった朝鮮と、近代文明国との間に渡橋を()けてやった。之等の変化に照らしてみても、当局者の名は何と呼ばれようが、朝鮮民衆の為には、或いは多少忍耐の足らない(ところ)があるかもしれぬ。又朝鮮人の苦しみもあるかもしれぬが、日本は莫大な利益をもたらして居る事は明らかである」
「教育ある朝鮮人は愛嬌よく上品であるが、彼等は祖国を愛し其の伝統的精神を尊び、自治権を失ったことを痛嘆している。然し又一面に於て、日本の統治がその宜しきを得、時を追うて貧民の数を少なくしつつあることは、想像するに難くない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2540文字/本文:2859文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次