読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1081209
0
寝たきりにならない!生涯現役のための筋トレ
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
IV 筋力トレーニング・初級

『寝たきりにならない!生涯現役のための筋トレ』
[著]加藤浩人 [発行]扶桑社


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




 1 筋力トレーニング全体のポイント


 筋力トレーニングを行うことにより、低下した筋力を回復させ、若いころの肉体により近づけることが可能となります。
「筋力トレーニング」というと、一見ハードな印象がありますが、実は、全身運動と違い部分的に筋肉を鍛えることができるので、体に対する負担は少ないのです。そのため、高齢者には最適な運動といえます。

 トレーニング中の呼吸は、自然な息づかいを心がけましょう。無理に力を入れて息を止めたりすると、急激な血圧上昇をもたらすことがあります。そのような状況を避けるためにも、呼吸は止めないようにしてトレーニングを行いましょう。

 トレーニングを行うときには各種目は1015回の反復回数で行います。これで1セットです。そして、1分程度の休憩時間をおいて、再び1015回行います。これで2セットとなります。

 セット数は2セット行えば十分効果的です。比較的負担の程度が高いトレーニングについては、1セットを3〜5回の反復回数で行うこともあります。

 トレーニングの頻度は、週に2回行えば十分でしょう。つまり、ここで紹介している運動全種目を週2回に分けて行えばよいのです。また、週1回でも、長期間(半年〜1年)行うことによって効果は上がります。

 ただし、長期間トレーニングを行っていると、負荷に慣れ効果が少なくなっていきます。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3052文字/本文:3625文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次